ブリーダーから人気沸騰中の猫マンチカン|可愛い猫の正しい飼い方

獣医

気になる病名

椎間板ヘルニアとはどの様な病気か

犬

犬の病気で気を付けたい病気のひとつに、椎間板ヘルニアというものがあります。人間にもある病気なので知っている方も多い病気です。椎間板ヘルニアとは、首から腰までの背骨同士を繋ぎクッションの役割を果たしている椎間板が、老化や運動など様々な原因でつぶれてしまうことで起きる症状です。人間のように言葉で説明できない犬たちは、急に歩けなくなり、突然椎間板ヘルニアを発症したように感じてしまいますが、初期の症状として以前と比べ、痛みを軽減させるため背中を丸めて歩いていたり、散歩中も腰が揺れてよろよろしていたり、ひとりで遊んでいたのに突然悲鳴をあげたりという様な場合があるようです。また、犬の視線は低い位置にあり、常に上を見て生活している犬たちは首の椎間板ヘルニアにもかかることがあり、上を向くと痛みが出てしまうため、飼い主さんを見る時も首を下げたまま上目使いになりがちで、散歩中にリードを引っ張ると痛がるなどの症状もあります。

特に気を付けたい犬種

老化と共に発症しやすい椎間板ヘルニアは、どの犬種でも気を付けなければいけませんが、若くても症状が出やすい犬種がいます。ダックスフントやコーギーの様な足が短く胴が長い犬種は腰に負担がかかりやすいため、発症しやすい犬種としてゆうめいですが、その体系だけが原因ではなく、軟骨異栄養犬種という軟骨形成不全症を起こしやすい種類だと言われています。他に、シーズー・ペキニーズ・ビーグル・フレンチブルドッグなどもこの種類に含まれると言われています。ですが、普段からの体重管理や動作の制限で予防することが出来ます。ソファや階段を上るとき、抱っこして上げてあげたり、なるべく飛び跳ねたり立ち上がる姿勢をさせないようにしたり、滑りやすいフローリングの床はカーペットを敷く、最近はフローリング用の滑り止めワックスも売っていますから活用されると予防することが出来ます。

Copyright ©2015 ブリーダーから人気沸騰中の猫マンチカン|可愛い猫の正しい飼い方 All Rights Reserved.