ブリーダーから人気沸騰中の猫マンチカン|可愛い猫の正しい飼い方

獣医

発情期の問題を回避

犬の避妊手術によるメリットとは

治療

暮らしのパートナーとなる愛犬。飼うにあたって飼い主の皆様に避妊手術のメリットについて説明したいと思います。 まずどうして避妊手術を行うことが推奨されているかというと犬という動物は発情期という周期がありその期間に別の犬と交尾をしてしまうと子犬を妊娠してしまいます。ブリーダーなどで子犬の販売を行っている場合は問題ありませんがそのような環境はごくわずかだと思います。避妊手術を行わないまま発情期を迎え、目を離したお散歩中に・・・なんてこともあります。そのような場合が考えられるため避妊手術が推奨されているのです。 避妊手術のメリットは恵まれない妊娠を防ぐ、発情期独特の問題行動の防止、子宮蓄膿症などの病気を防ぐことがあげられます。デメリットとして太りやすくなったり麻酔リスクがあげられますが手術前に診断を行うので安心できると思います。

犬を飼いはじめたら避妊手術を

ペットの犬はかわいいものです。できれば手術など負担をかけることは避けたいものですが、どうしてもしておいたほうが良いものがあります。それが避妊手術です。 犬は子供を産むとき、数匹同時に出産するのが普通です。そうなると、一緒に飼ってあげたくても、十分に世話ができない、経済的な負担が大きくなるという理由から、貰い手を探さなければなりません。しかし、今は血統書付きで血筋がしっかりしている犬でない限りニーズは少なく、なかなか貰い手が見つからないこともあります。そのため、望まない出産を避けるために避妊手術が必要なのです。 避妊手術は犬のためでもあります。最近は病気の予防にもつながるということで、積極的に避妊手術をするという流れも生まれています。

Copyright ©2015 ブリーダーから人気沸騰中の猫マンチカン|可愛い猫の正しい飼い方 All Rights Reserved.